集客を加速させるマーケティングお役立ちブログ

集客につながるブログの書き方 ~治療院編~

新しくHPをオープンさせてやる気満々!

さあ、ブログ記事を充実させてお客さんにアピールするぞ!

意気込んでみたはいいものの、はてさて一体何を書けばいいのやら。

 

治療院の魅力を余すところなく伝え、集客につなげるブログ記事の書き方を伝授します!

 

◆何を書くべき?

HPを使って集客する治療院が増えている中、HPの中にブログページを用意しているケースをよく見かけます。

しかし、どうも集客につながらない残念な記事が多いのも事実。

趣味の日記として書いているのならいざ知らず、たいていの方はお客さんに来てもらおうと思って記事を書いているわけですから、なにか対策が必要です。

 

もっとも大切にしてほしいのは、読者に「来店理由」を持ってもらうこと。

ブログ記事をよんで「ここに行きたい!」と思わせることがなにより重要です。

 

来店理由になる要素は次の3つ。

 

  • 自分にとって治療院に行くメリットがわかる
  • 安心感を与える
  • 治療院の熱烈なファンになる

 

この3つを狙って記事を書くと、より集客効果を発揮しやすくなります。

では具体的にはどのような内容を書けばいいのでしょうか。

未経験からでも書きやすいテンプレートを考えてみました。

 

〇お客様の声

最も書きやすく効果が高いのがお客様の声。

ビフォーアフターを写真付きで記事にすると書き手としても書きやすい上、読者にメリットのイメージと安心感を与えることができます。

施術中お客様とこんな話をしたとか、こんなお客様が来てくれたとかでも構いません。

何気ない会話が記事のネタになるので、ネタ切れの心配がありません。

 

書く日を決めて記事を投稿するというよりも、面白いことがあった日に記事を書くようにするとストレスがなく続けやすいです。

 

〇施術の特徴

読者に安心感を与えるために最も効果的なのが施術の特徴を具体的に描写する記事です。

特殊な技法や機器を使っているのなら、写真付きで詳しく使い方や効果について解説すると独自性の高い魅力的な記事に仕上がります。

記事のイメージとしては新聞や雑誌の治療院訪問コラムなど。

プロの記事を読むと大変参考になりますから、ぜひ一度読んでから真似してみましょう。

 

〇専門知識の解説

病気の詳しい症例解説や専門にしている治療の歴史についてなど、専門家だからこそ書ける記事です。

専門的な内容はインターネット上に公開されているページ自体が少ないので、比較的楽に検索結果の上位に表示させることができます。

記事を読んだお客さんを直接集客するというより、NAVERまとめやYahoo!知恵袋で参考として取り上げてもらうことで、HP全体の知名度が向上します。

 

◆意外と重要なキャラ付け

この人の記事は読みやすいけど、この人の記事はなんだか読む気がしない。

そんな経験ありませんか?

 

ブログ記事の印象を大きく変えるキャラ付けは大切な要素。

全く同じ内容でも、表現のしかたひとつで【女性向け雑誌っぽい】【バラエティー番組っぽい】【まじめな人の日記っぽい】と与える印象を大きく変えてしまいます。

 

例えば、『肩こりの原因』というテーマでお客さんを集める記事を書いてみましょう。

 

(例1)

現代人の悩みの種、肩こりの原因は大きく分けて3つ。

運動不足、悪姿勢、ストレスだ。

毎日パソコンデスクとにらめっこ、不機嫌な上司とあっち向いてホイ。

気づかぬうちに、いつしか立派な肩こり患者。

なんだ、結局は全部会社のせいじゃないか。

お疲れ様ですサラリーマン。肩こりは頑張りの勲章。

どうしても叙勲の荷が重くなったら、ぜひうちで戦士の休息を…。

 

(例2)

最近、運動不足ではありませんか?

ついついスマホを使いすぎていませんか?

育児や家事のストレスが溜まっていませんか?

これらはすべて肩こりの原因になります。

つらい肩のモヤモヤ、おしゃれなサロンでスッキリさせませんか。

身体が変われば毎日がとっても楽しくなりますよ♪

 

両者はほとんど同じことを言っているにもかかわらず、受ける印象が全く異なります。

お分かりのように(例1)は男性を、(例2)は女性を読者だと設定して書きました。

ここまで極端に印象を変えろとまでは言いませんが、ターゲットを決めればおのずと書き方も変わってくるはず。

あなたの治療院のメインターゲットや、誰にブログ記事を読んでもらいたのかを明確にしてから記事を書くようにしましょう。

記事の途中でターゲットを変えるのはNG。

文章に統一感がないと、完成度が低く見えて読者が離れてしまいます。

お客さんに治療院の魅力をアピールするという意味では、ブログ記事もキャッチコピーと同じ。キャッチコピーの書き方について解説したこちらの記事も参考にしてみてください。

ライターが直接教えるホームページキャッチコピーのテクニック

 

どんどん先を読んでもらうためのコツとして、まじめな論調の中にちょっぴりユーモアを加える方法と、ひたすら丁寧でわかりやすい文章に徹する方法があります。

数を書いているうちに自分はどちらの方が書きやすいのか傾向がわかってきますので、まずは読者を意識して何本か記事を書いてみましょう。

 

さらに注意したいのが表記の揺れと、文章のかかり方。

表記の揺れやどこに修飾がかかっているのかわかりにくい文章があると記事全体のクオリティーが低く見えてしまいます。

(例)

【偏頭痛】と【片頭痛】が混在している

【集客できないブログ記事は書かない】

ブログ記事全般は集客できないから書かないのか、集客できないような悪い記事は書かないのかわからない。

 

書き上げたら必ず読み返しましょう。

時間をおいてから読み返すと粗が見つかりやすくなりますよ。

公開する前に、人に読んでもらうのもいいかもしれません。

 

◆検索に引っかかりやすくする

せっかく頑張って記事を書いたのですから、検索結果の1ページ目に表示させたいところ。

たくさんの人が面白いと感じる圧倒的に質の高い記事を書け、というのが王道かつ正当な道ですが、なかなかそういうわけにはいかないものです。

(プロ作家でも必ず当たる記事を書けるわけではありませんからね…。)

 

そこで大切になってくるのが、検索に引っかかりやすくするテクニック。

記事のセンスに自信がなくとも、テクニックをマスターすれば確実に順位が上がります。

まずは【ぎっくり腰 ゴルフ】など上位表示させたいキーワードを選定しましょう。

【ぎっくり腰】といったワンワードだけだと、すでに上位表示されているライバルが大企業ばかりで強力すぎるので、【ぎっくり腰+ゴルフ】といった複合語にすることをお勧めします。

 

  1. タイトルにキーワードを必ず入れる
  2. 記事の上から下まで、バランスよくキーワードを数回登場させる。
  3. 頑張って1000文字~2000文字の記事にする。

 

まずは上記3つのテクニックを徹底してみましょう。

 

こういった上位表示させるための対策をSEO対策といいます。

ゼロメディカルではSEO対策も含め、HP全体のマネージメントをしています。

WEB集客について様々なご提案を用意しておりますので、興味を持っていただいた方、ぜひご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Web制作のご相談を随時受け付けています。気軽にお問い合わせください。

  • Webサイトのリニューアルを考えている。
  • Webの活用方法を一緒に考えてほしい。
  • Webサイトをリニューアルする際の費用を知りたい。※1
  • フォームでのご相談は

    通常のお問い合わせであれば、2営業日以内にご回答いたします。

  • お電話でのご相談は

    TEL:03-5725-8102

    受付時間 10:00〜19:00

※1 お客様のご都合にあわせて、様々な料金プランをご用意しております。お客様によってサービス内容が異なるので、一律いくらという料金をお出しすることができません。お電話やメールで回答できるのは概算費用です。詳細は改めて打ち合わせの上、算出させていただきます。

同じカテゴリーでよく読まれている記事