集客を加速させるマーケティングお役立ちブログ

Googleマップに上位表示させて集客につなげよう

「OK、グーグル!近くの歯医者さんを教えて」

 

スマートフォンに向かってこう話しかけるとGoogleマップ上に現在地周辺のいくつかの歯医者さんが表示されます。

とても便利で、高い集客ポテンシャルをはらんでいますが、あなたの店舗は掲載されていますか?

ただ待っているだけでは、いつまでたっても掲載されませんよ!

また、表示されているとしても、通常のHPと同じようにSEOを意識して運用することが集客を保ち続けるカギになります。

 

今回は、おろそかにされがちなGoogleマップを使った集客の重要性と、集客効果を高めるテクニックについてお伝えします。

 

Googleマップに表示させよう

例えば「歯医者」と打ち込んで、Googleマップの検索結果を見てみましょう。

弊社事業所は中目黒にありますので、中目黒周辺の歯医者さんがリストアップされています。

しかし、すべての歯医者さんが掲載されているわけではありません。

よく見てみると、確かに存在しているはずなのに掲載されていない歯科医院もあるのです。

 

じつはこのGoogleマップ。

Googleマイビジネスに店舗を登録しないと地図上に表示されません。

登録自体は無料です。

なにもやっていないという方は今すぐ登録してみましょう。

 

1.Googleのトップページをご覧ください。

下の方に『ビジネス』というタブがあることを確認できるでしょうか。

このタブをクリックします。

2.『Googleビジネスソリューション』というページに切り替わります。

『Googleにビジネスを掲載』を申し込むボタンが用意されています。

ここをクリックしましょう。

3.地図とビジネスの基本情報を記入するページに移動します。

基本情報を記入し続行すると、さらにいくつかの店舗情報を尋ねられます。

4.最後に電話確認かはがき郵送での確認かを選択して終了です。

確認が取れてから、遅くとも数日後には情報が反映されます。

 

Googleマップに表示されるメリットとは

パソコンやスマホに接しているなら、だれもが一度は使ったことがあるGoogleマップ。

この地図に店舗情報を掲載させるメリットは日に日に増しています。

変化をもたらしたのは、スマートフォンの普及。

屋外でも場所を選ばずインターネットに接続できるようになったことで、外出先で「ここから近い店舗」を調べようとする需要は爆発的に増加していると考えられます。

 

また、従来のHPの掲載順位を高めるSEO対策やリスティング広告は競争が激化して成果を上げるためのコストが増加しています。安定した集客を実現するためには、より多くのメディアを利用した多角的なWEB戦略が求められているのです。

以前、Googleマップは検索結果とは別枠で表示されていました。

しかしユニバーサル検索という表示形式が導入され、WEBページ以外のコンテンツも同列に表示されるようになりました。

その結果、Googleマップ上の検索結果が目立つ位置に据えられる機会が多くなったのです。ユーザーの検索意図とも合致し、Googleマップから多くのアクセスが生まれています。

 

視覚的にわかりやすい地図上での検索の重要性は、今後、ますます高まっていくのではないでしょうか。

 

◆載せて終わりではありません。検索上位に表示させよう

改めてGoogleマップの検索結果(ローカル検索結果)を見てみましょう。

 

地図上には名前入りの大きな赤丸と名前が表示されない小さな赤い点があることがわかります。

名前が入っているのは検索結果だとわかるけど、たくさんある小さな点はなんだかわかりますか?

じつは、これも検索で引っかかった店舗を表しています。

同じ検索結果であるにもかかわらず、この待遇の差。

いったい何が違うのでしょうか。

 

差を生んでいるのは検索順位です。

地図の横に、通常の検索ページと同じように検索結果がリスト化されています。

このリストの上位10位程度までに表示される店舗は大きく名前入りで、掲載順位がそれ以下の店舗は小さな赤い点で表示されているのです。

集客効果を高めようと思ったら、間違いなく名前入りの大きな赤丸で表示された方が有利。

検索順位に影響する次の3要素を押さえて、Googleマップからの集客を強化しましょう。
〇関連性

通常の検索結果と同じように、検索語句との関連性が強い項目が「ユーザーの意図を満足させる情報」として評価されます。

ユーザーが入力した語句が店名や説明文の中に含まれていたり、検索した意図から推察される関連性の高い語句が多く含まれていることがポイントです。

〇距離

検索時にユーザーが指定した場所からの近さが評価されています。

場所が指定されていない場合、ユーザーの位置情報からの距離で評価されます。

〇知名度

店舗や施設の知名度が評価ポイントになっています。

ネット以外の世界での知名度も考慮されていて、美術館や有名ブランド店など広く知られているスポットはローカル検索でも上位に表示されやすくなります。

もちろんインターネット上での評判も評価対象です。

口コミの数やレビューでの星の数などが評価に影響を与えます。

(参考)Googleマイビジネスヘルプ『Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する』

 

 

これらの3要素が複雑に組み合わさり、Googleが「最適な検索結果」と判断した上位の項目が大きな丸として示され名前まで地図上に表示されるのです。

具体的に、次のような対策をすると効果的です。

 

関連性を高める

店舗名や説明文に地名を加えたり、ユーザーが同時に検索しそうなキーワードを入れてみると、検索語句との【関連性】が上がりやすく効果的です。

通常ページのSEO対策と同じように、ユーザーの検索意図を意識しながらサイトを改善していきましょう。

 

口コミやレビューを投稿してもらう

口コミの数やレビューの星の数は検索エンジンの考える【知名度】に直結します。

実際にローカル検索のリストを見てみても、上位に表示されている項目には多くの口コミや星が付いていることが確認できます。

お客さんにお願いして口コミを書いてもらうといいでしょう。

 

情報を充実させる

充実した説明文、診療表や受付時間の情報、ウェブサイトへのリンク、写真など、店舗情報を充実させるほど「最適な検索結果」と判断されやすくなる傾向があります。

内容の編集について詳しくはこちら(Googleマイビジネスヘルプ)をご参照ください。

 

登録内容がGoogleマップ上に反映されるまで、数日程度かかることがあります。

登録後しばらくは様子を見てから効果を検証しましょう。

 

◆『MEO』で集客しよう

Googleの理念は、ユーザーが使いやすい検索エンジンを提供し続けることです。

時代とともに変化するユーザーの需要を取り込んで、ローカル検索の重要性は今後も上がっていくことが予想されます。

 

使いやすい検索エンジンを作るうえで、Googleはユーザーに公正公平な正しい情報を提供しようとしています。

そのため、Googleは掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受付を一切行っていません。また、公平性を期すため、順位決定のアルゴリズムは機密扱いになっています。

手っ取り早く掲載順位を上げる方法は存在しませんし、不正を働いて検索順位を上げようとしてもたちまちペナルティーを受けてしまいます。

 

一方で、GoogleはSEOの手法がローカル検索順位にも有効だと公表しています。

GoogleマップでのSEOは『MEO』と呼ばれ、近年注目度が増しています。

集客の次の一手として、検討されてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Web制作のご相談を随時受け付けています。気軽にお問い合わせください。

  • Webサイトのリニューアルを考えている。
  • Webの活用方法を一緒に考えてほしい。
  • Webサイトをリニューアルする際の費用を知りたい。※1
  • フォームでのご相談は

    通常のお問い合わせであれば、2営業日以内にご回答いたします。

  • お電話でのご相談は

    TEL:03-5725-8102

    受付時間 10:00〜19:00

※1 お客様のご都合にあわせて、様々な料金プランをご用意しております。お客様によってサービス内容が異なるので、一律いくらという料金をお出しすることができません。お電話やメールで回答できるのは概算費用です。詳細は改めて打ち合わせの上、算出させていただきます。

同じカテゴリーでよく読まれている記事