集客を加速させるマーケティングお役立ちブログ

実数値から見る!整骨院、鍼灸院、マッサージ院、整体院業界

厚生労働省や統計局が公表している資料から、療術業界の現状の把握と今後の課題について考察してみました。

すでに手垢のついた考察も多々含まれているかとは思いますが、改めて業界の置かれている状況を再認識する機会としてご覧下さい。

 

健康産業は拡大基調、官民上げての盛り上がりも

健康意識の高まりを追い風に、ヘルスケア産業の市場規模は拡大傾向が鮮明です。

経済産業省の資料によると2011年度の健康/生活サービスの市場規模は4兆円となっていますが、2020年には10兆円まで拡大することが見込まれています。

これは、生活者の意識が病気の治療を中心したフェーズから、それ以前の予防・健康増進を中心としたフェーズへと変容しつつあることを色濃く反映しているものだと考えられます。この意識変容が逆流することは容易には考えられないことから今後もヘルスケア産業の拡大傾向は続くことが予想されます。

また、予防・健康増進の大きな流れは国も強力に後押ししており、療術業界に関連がある例では【地域包括ケアシステム】が挙げられます。これは高齢者に出来る限り自分の住みなれた地域で過ごしてもらうというもので、地域ぐるみのサポートが欠かせません。

実際2017年に行われた政府答弁では、柔道整復師を地域に密着した専門職と位置づけ、積極的に力を借りるべき、との発言もあります。療術業界にとっては非常に有利な土壌が醸成されつつあることを予感させます。

 

ではその一方で受け入れ側の施術所数はどの程度なのでしょうか。

 

療術業施術所数は過去最高

厚生労働省の資料(平成24年度)によると、各分野の施術所数は次の通りとなっています。

・柔道整復の施術所:42,431(昨年比増加率7.4%)
・あん摩、マッサージ及び指圧を行う施術所:19,880(昨年比増加率3.1%)
・はり及びきゅうを行う施術所:23,145(昨年比増加率9.9%)
・あん摩、マッサージ及び指圧、はり並びにきゅうを行う施術所:37,185(昨年比増加率1.3%)

・整体、カイロプラクティック、リラクゼーションサロ等の施術所数:7万6,430

※参考「厚生労働省」より
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/eisei/12/dl/h24_gaikyo.pdf

※参考「NIKKEI MESSE」より
https://messe.nikkei.co.jp/fc/column/market/122655.html

療術院の数で言うと合わせて約18万件にのぼります。すでに需要の高い駅前などでは施術所が乱立する事態となっており、過当競争の発生も心配されます。

過当競争によって広告戦略が激化したり、価格崩壊やサービスの質の低下は業界全体としても望ましくありません。現に、医療法は2018年に改正されて規制強化が予定されています。医療法は療術業界と直接結びついているわけではありませんが、関連が深い療術業界が議題に上ることはさけられそうにありません。すでに関連する審議委員会では検討に入っているということも十分に予想されます。各事業主は新たな、しかしそれでいて地に足の付いた成長戦略が求められることにそうです。

 

今出来る事を積極的に

それではどのような取り組みが考えられるのでしょうか。弊社が考える成長戦略を紹介してみようと思います。

 

1.健康増進・予防に関する情報の積極的な配信

先述のとおり、生活者のヘルスケアニーズは増加しています。

先生方がこれまで築き上げてきた健康管理、予防に関する豊富な知識を生活者へ届けることができれば、生活者はニーズを満足し、先生のブランディングも達成でき、双方向にメリットがあります。

これは、主に施術所オフィシャルサイトのブログを通して行われる施策で、オフィシャルサイトの表示順位向上も期待できます。

■関連記事

集客につながるブログの書き方 ~治療院編~

 

2.新規集客チャネルの獲得

待っているだけでは新規の集客は望めません。

今まで取り入れていなかった宣伝手法があるなら、新たな集客ルートを手に入れるチャンスだと捉えることもできます。

■関連記事

■SNS戦略
広告戦略の最先端!SNS活用の重要性をチェック

■リスティング広告
リスティング広告でホームページの集客力を上げよう

■SEO対策
SEO対策をする意味とは?まずは初めの第一歩。

■スマホ最適化
Webの主役はスマホの時代へ。スマホ用ホームページ制作のすすめ

■広告チラシとの連携

治療院の広告は折り込みチラシとホームページの合わせ技で勝ち抜く

などなど、既存手法や新規媒体を積極的に試してみて、自院なりの生かし方を見つける事が重要です。

 

3.提供サービスクオリティの向上

自院の強みは何なのか?またその強みは消費者のニーズと剥離していないか?マーケティングは現状の分析から始めることが基本です。

【サービスクオリティの向上=技術の向上】はもちろん重要ですが、商業としてせいりつさせるためには【サービスをニーズに最適化】させる戦略もかかせません。

■関連記事

【提言】治療院に求められることとは

いまや整骨院店舗数はコンビニ並み!生き残る鍵は予防重視の取り組み

 

ゼロメディカルのサービスは療術業界のクライアント様にも多数ご利用いただいております。

また、生活者、施術者双方のメリットとなるよう、セラッピーをはじめとする集客チャネルのご提案やセミナー支援等積極的に実施しています。

■外部リンク

整骨・鍼灸・マッサージ・整体向け情報サイトTherappy

今後もWEBを通じて様々なサービスを展開していく予定なので、ご相談やご要望があればお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Web制作のご相談を随時受け付けています。気軽にお問い合わせください。

  • Webサイトのリニューアルを考えている。
  • Webの活用方法を一緒に考えてほしい。
  • Webサイトをリニューアルする際の費用を知りたい。※1
  • フォームでのご相談は

    通常のお問い合わせであれば、2営業日以内にご回答いたします。

  • お電話でのご相談は

    TEL:03-5725-8102

    受付時間 10:00〜19:00

※1 お客様のご都合にあわせて、様々な料金プランをご用意しております。お客様によってサービス内容が異なるので、一律いくらという料金をお出しすることができません。お電話やメールで回答できるのは概算費用です。詳細は改めて打ち合わせの上、算出させていただきます。

同じカテゴリーでよく読まれている記事