WEB分析ソフト-Web Marketing Manager

戦略的なWEB活用を

世代を問わずほとんどの人がスマートホンやパソコンを通して情報を得ている今、成長戦略にWEBは欠かせない要素です。

ところが、ただなんとなくホームページを運用しているだけでは、効果的な集客につなげることは難しいと言わざるを得ません。

ホームページを使った集客が一般化した結果、どの業種であってもすでに競合相手のホームページが力を持っていて、多くのアクセスを集めているからです。星の数ほどある競合に打ち勝って自社ホームページを集客できるツールに育て上げるためには、戦略的な運用が必要不可欠なのです。

キーワードがWEB集客のカギ

現在、ホームページを使った集客では、どのようなキーワードでホームページへの流入を狙うのかという戦略を組み立てることが重要だと考えられています。

キーワード(=検索エンジンに入力される言葉のこと)には、インターネットユーザーがこれからやりたいこと・調べたいことが現れています。 そのため、予約や問い合わせに結びつくような検索意図を持つ人をホームページに集めることで、効率的な集客につなげることができるのです。

このような検索意図を持った人を集めるためには、GoogleやYahoo!といた検索エンジンでキーワードを使って検索したときに、上位に表示されるようになることが効果的です。 多くのホームページでは、検索エンジン順位を上げるためにさまざまな施策を打ち出し、日々改善を繰り返しています。

アクセス解析をもとにPDCAサイクルをまわしていく

では、どのようにして自社ホームページを改善していけばいいのでしょうか? 問題を把握して、それを解決していく手法として、PDCAサイクルが注目されています。 PDCAサイクルとは、計画(Plan)、実行(Do)、検証(Check)、改善(Action)というサイクルをまわしていくことで事業を発展させていく方法です。

どんな事業でも、実行するためには計画が、改善するためには効果の検証が必要です。 たとえばホームページの改善を例に挙げてみると、どんな人がどんなページを読んでいるのかを把握せずに変更を繰り返しても、利用者が望む形になるかというと疑問を感じざるを得ません。 やみくもに変更を繰り返した結果、かえって成功する可能性を下げてしまうかもしれません。

ホームページの運用において、アクセス解析は改善の方向性を決めるための検証(Check)に当たります。 アクセス解析をせずに運用を続けることは、目隠しをした状態で目的地にたどりつこうとしていることとほとんど同じことなのです。

Web Marketing Managerの主な機能

解析

Web Marketing Managerには、効果的なWEB成長戦略を練るために必要なアクセス解析をするために必要最低限な機能が実装されています。

さらに、“アクセス数”や“検索エンジン順位”の推移を分析してWeb Care Manager(効果的なHP運用WCM)と連動させることで、長期にわたる計画的な運用が可能になります。

アクセス解析

Web Marketing Managerには、効果的なWEB成長戦略を練るために必要なアクセス解析をするために必要最低限な機能が実装されています。 さらに、“アクセス数”や“検索エンジン順位”の推移を分析してWeb Care Managerと連動させることで、長期にわたる計画的な運用が可能になります。

競合チェック

検索エンジン順位を上げるためには、すでに上位にある競合相手を知る必要があります。 “競合チェック”では、同じキーワードで検索結果の上位に表示されている競合サイトを調べることができます。

相互リンクマネジメント

自社ホームページへの流入を増やすためには、利用者の多い他サイトからのリンクを集めることが効果的です。 “相互リスクマネジメント”では、検索エンジンからの評価が高いWEBサイトに対して自動で連絡先を読み込み、自社ホームページへのリンク依頼を送信することができます。

検索エンジン順位詳細チェック

現在、自社ホームページが検索結果の何番目に位置しているのかは、WEB成長戦略を練る上でも重要な指標になります。 “検索エンジン順位詳細チェック”では、任意のキーワードでの現在順位と、日々の記録を残すことができます。 どのような改善策をとったときに順位が変動したかを把握することで、運用戦略のブラッシュアップに役立てることができます。

さらに効果を出せるホームページを実現するために

どういった対策を採用すればホームページの集客効果向上に結びつけることができるのかは、なにか手がかりがなければわかりません。 アクセス解析は、ホームページをより価値があるものに育てていくための手がかりを与えてくれるカギなのです。