戦略的なホームページ運用サービス-Web Care Manager

戦略的でシームレスなWEB運用サポート

特定のキーワードで上位表示するだけで満足されていませんか?また、そのキーワードは本当に効果的でしょうか?

Web Care Managerでは、お客様のビジネスに関連する、上位表示達成の可能性が高い様々なキーワードでWEBサイトを表示させ、目標設定に基づいた、より集客・売り上げ向上に貢献するサイト運用をサポートいたします。

中長期の運用計画を作成し、進捗確認~分析評価・修正といったPDCAをセクション毎に実行することで、常にお客様に寄り添ったサポートを展開しております。

PDCAサイクル

ユーザーニーズを探り戦略的にWEBを運用

WCMでは、サイトへの流入経路をマルチに獲得し、集客・売上向上に貢献します。

ホームページにより多くの訪問者を集めるためには、GoogleやYahoo!を使ってあるキーワードを検索したときに、上位に表示されるようになると有利だといわれています。

このように検索エンジン順位を上げるための試みをSEO対策といい、多くのホームページが集客力を高めるために、日々SEO対策に基づいた改善を繰り返しています。

ホームページを訪れる人が増えることはもちろん、医院や店舗のオフィシャルページとして公開されたホームページの本当の目的は、実集客を増やし、売り上げを向上させることでしょう。

ホームページを使った集客を拡大していくためには、上位表示ができる可能性が高いさまざまなキーワードからの流入増加を目指すだけではなく、集客・売り上げ向上に貢献できるホームページに育てていくための運用が必要です。

長期にわたる効果的な運用を実現するPDCAサイクル

どんな事業でも、目標の実現を目指した計画づくり(Plan)、計画の実行(Do)、成果の確認(Check)、分析・評価(Action)が欠かせません。事業を円滑に進め、発展させるために必要な一連の流れは、PDCAサイクルと呼ばれています。Web Care Managerは、PDCAサイクルを段階ごとに実行していくことで、ホームページの中長期的な運用を総合的にサポートするサービスです。

現状のホームページの課題を洗い出し、目標設定に基づいた、より集客・売り上げ向上に貢献できるホームページの運用をサポートします。

以下のようなサイクルで進捗の確認や効果の分析・評価を繰り返していくことで、ホームページの運用をしていく中で新たに発生する課題を克服し、成果の最大化を目指します。

  • Plan
    • 目的と目標に合わせたワードの選定
    • 選定ワードに対する傾向/競合分析
    • 既存ページ改善点の策定
  • Do
    • 選定キーワード、傾向分析に沿ったテーマ記事の提案・反映
    • 既存記事へ要素追加/削除による順位向上への提案
    • コンバージョン導線修正の提案
  • Check
    • 更新システム操作説明
    • 記事進捗確認/リライト・修正確認
    • 定期レポート配信
  • Action
    • サイト分析レポートの作成/提出/評価
    • オプションサービスの提案
    • 成約に繋がりやすいサイト導線の策定

「Plan(計画)」では、ユーザーニーズを探り、目標に合わせたキーワードの選定や、そのキーワードで競合する他サイトの分析を行います。さらに現状のホームページの課題を洗い出し、より成約につながりやすいサイトへの改善策を提案します。

「Do(行動)」では、Planで設定した目的と目標を元にコンテンツの強化や記事の配信など実際にサイトを運用していきます。

「Check(確認)」では、施策の効果を測定します。 また、コンテンツ作成が滞りなく進捗しているかを確認してフィードバックします。

「Action(分析・評価)」では、Checkで測定した効果を分析して提示します。 目標を達成できた点と、できなかった点を洗い出し、問題点に対してさらなる改善策を提案していきます。 さらに、ここまでの一通りの施策の結果をもとに、次の施策のPlanへとつなげていきます。

WCMサポートの全体フロー

WCMサポートの全体フロー

CV(コンバージョン)計測タグ設置

Googleアナリティクス

ウェブサイト経由の電話発信やメールフォーム等のお問い合わせ(コンバージョン・CV)数を計測していくため、WebCareManeger用のGoogleアナリティクスのタグをサイト内に設定いたします。

この専用のタブを設置することで、どのページでコンバージョン(電話タップ・予約フォームへの遷移など)が発生しているのか計測し、そのコンバージョンに至るまでのページ導線も集計できるようになります。

ここで集計したコンバージョンデータは、期末分析レポートの際に導線対策を練るために活用されます。

初期改善提案書

初期改善提案書

サイトを効果的に運用していくため、検索表示の順位(SEO)で目標のターゲットワードに設定するべきキーワードを調査。上位表示に必要な要素を洗い出します。

  • キーワード対策の調査
  • コンテンツ対策の調査
  • 内部リンク対策の調査
  • スパム対策の調査
  • クローラビリティ対策の調査
  • モバイル対策の調査
  • アルゴリズム対策の調査 etc.

運用年間計画表

運用年間計画表

現状分析の後、選定したターゲットキーワードに基づいて、年間運用計画書を作成し、サイトの現状に応じて計画的な運用を立案いたします。

サイトへの流入数向上のための、競合の少ない記事執筆テーマ(ロングテールキーワード/スモールキーワード)をご提案いたします。

記事・コンテンツ作成代行「Wantents」に関して

期末分析レポート

期末分析レポート

1年間の運用結果を分析する期末レポートでは、CV(電話・お問合せ)が発生しているページと、CVに至るまでのページ遷移を分析。強化すべき導線対策を立案いたします。

また、どんなワードで実際にサイトが検索結果に表示されているか調査し、表示回数の多いワードで上位表示するための対策をご提案いたします。